MENU

↓ミノキシジルを安く通販するならこちら↓

ロゲイン,リアップ,大小,ミノシキジル

ロゲインというリアップの違い

ロゲイン,リアップ,大小,ミノシキジル

 

ミノキシジルは原材料の名前だ。

 

そのミノキシジルで有名なのが、始まりミノキシジル外用薬の【ロゲイン】、そして日本でいうと【リアップ】になります。

 

リアップは邦人なら誰しもが知ってる有名な育毛剤だが、調べているというロゲインという論文がよく見られます。

 

それも当然なぜならロゲインの日本バージョンがリアップなのですから。

 

ミノキシジルの発毛効果の掘り起こしから販売されヒットしたのがロゲインだ。

 

ミノキシジルを5%配合した今でもロングセラーの大ヒット売り物がロゲインなのです。

 

日本でもリアップは同じくロングセラーになっていますね。

 

まずはロゲインというリアップの違いは?という質問もあるかと思います。

 

ロゲインは1980時代に初のミノキシジル育毛剤としてアメリカのアップジョンオフィスというところから販売されています。最近でいうファイザーオフィスだ、誰もが知ってるバイアグラで有名な製薬先だ。

 

対してリアップは1999時代に有名な大正製薬から販売開始されてある。

 

ロゲインがリアップの素材となった売り物だという事は大正製薬も認めてある。

 

そのミノキシジルの配合本数はロゲインもリアップX5もおんなじ濃度だ。

 

女性専用のロゲインも発売されています。これは2%だ。

 

ただしリアップの女性用のリアップジェンヌという売り物がありますが、これはミノキシジルが1%と大いに低めに配合されています。

 

そうして日本ではスカルプに塗りつける集まりのものだけですが、タブレット錠剤で内服講じる集まりも発売されているのが大きな違いだ。

 

そうしてロゲインは非常に安く購入でき、リアップの4割ほどの値段で購入できるという特徴があります。

 

但しロゲインは国内で販売されていません。購入する場合は自分輸入代理サイトで通販として買う事ができます。

 

リアップは7000円ほどで薬局で市販されています。

 

おんなじ60mlのボリュームなのですが、こういった違いがあります。

 

3分の1の額面で選べるロゲインですので、薬局ではもらえませんが、長く服用して出向く薬になりますので、安っぽいに越した事はないですよね。

 

おんなじモードで3分の1で支払えるロゲインが良いに決まっていると思います、ただ国外からの購入となりますので、保険が適応外になりまして、何か副作用であったときに病舎などの料は自前になりまして、すべて自己責任になるについてになります。

 

そうして副作用はロゲインもリアップも割合はおんなじ。

 

おんなじミノキシジルを有益原材料としているので、基本的に効果に違いはありません。

 

原材料って効果がおんなじは副作用もおんなじについてになります。

 

リアップ副作用の数としては8.7%あると大正製薬が発表している実例から、ロゲインも同様だと考えられます。

 

どちらを購入するかお悩みの側でしたら、保険適応されたいならリアップ、どうしても安ければ良い、リアップによっていて副作用もなかった、についてはロゲインに移行しても大丈夫割合は高いと思われます。

 

ミノキシジル窓口へ